宅建業免許×大阪申請ナビのご案内

宅建業免許×大阪申請ナビHOME » 宅建業免許申請代行サービス(新規・更新) » 保証協会への加入

保証協会への加入

保証協会への加入 宅建業免許×大阪申請ナビ

宅建業の新規免許を取得して営業を始めるには、本店で1,000万円、支店ごとに500万円の営業保証金の供託をする必要があります。
この供託金の趣旨は、宅建業法においての規制により宅地建物の取引が公正かつ安全に行われるように配慮されていても事故が起きてしまうことがある点にあり、事故が起きた際の債務の弁済を担保するために高額な供託金の設定がなされています。

供託は大きな出費となり負担を伴うので社団法人の保証協会が設立され、保証協会に加入することで供託金が免除されます。
ただし、保証協会への加入には弁済業務保証金分担金、入会金などを支払わなければなりません。結局、保証協会への加入金支払などで合計約180万円必要となりますが、費用面では、大きなメリットとなるでしょう。
入会審査には約1ヶ月半~2ヶ月程かかるため、新規免許申請書の提出後すぐに保証協会への加入手続きを進めていきます。
保証協会に加入することにより供託金の免除はもちろん苦情処理、研修、取引により生じた債権の弁済、レインズの使用などメリットが多く、宅建業を始める方は、ほとんど供託ではなく保証協会に加入しているといえます。

宅建業の保証協会は以下2つが指定されていて、どちらか一方の保証協会にしか加入することができません。

  • 社団法人全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)
  • 社団法人全日本不動産協会(ウサギマーク)

【弁済業務保証金分担金の納付額】

  • 主たる事務所(本店):60万円
  • 従たる事務所(支店等):30万円(1店につき)
※保証協会加入の際は、弁済業務保証金分担金とは別に、加入金(分担金60万円も含めて約180万円)が必要となります。

保証協会加入の必要書類

【全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)加入の必要書類】
全国宅地建物取引業保証協会への入会は、本店所在地を管轄する支部へ入会申込をします。

  • 宅建業免許申請書(副本)
  • 代表者個人の印鑑証明
  • 免許申請法人の印鑑証明書
  • 代表者と専任取引主任者の顔写真
  • 免許通知ハガキ(会社代表印捺印)

【全日本不動産協会(ウサギマーク)加入の必要書類】
全日本不動産協会への入会手続きは、各都道府県本部に入会申込をします。

  • 宅建業免許申請書(副本)
  • 代表者個人の印鑑証明
  • 免許申請法人の印鑑証明書
  • 免許申請法人の履歴事項全部証明書
  • 免許通知ハガキ(会社代表印捺印)

全国宅地建物取引業保証協会と全日本不動産協会のどちらに加入するべきか

宅地建物取引業協会と全日本不動産協会の加入比率を見ると、宅地建物取引業協会の方がかなり加入比率が高いです。
全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)は各地域ごとに支部があり地域のネットワークや人的ネットワークを広げることができるというメリットがあります。
一方、全日本不動産協会(ウサギマーク)は全国組織とされており、全国で幅広い知名度があります。

宅建業を営むに際し、地域に根付いた営業を行って行きたいと考えるのであれば、全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)での入会をお勧めします。
一方、将来において営業所を多く持って他県での展開を検討しているのであれば全日本不動産協会(ウサギマーク)へ入会した方が入会金や年会費など費用を低く抑える事ができるというメリットがあります。

開業までの期間でいうと、全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)は標準で1ヶ月程度、全日本不動産協会(ウサギマーク)は標準で1ヶ月半から2ヶ月程度を要しますので、全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)の方が営業開始時期は早くなるといえます。
保証協会入会についてどちらに加入するか悩んでいらっしゃる方は、お気軽にご相談下さい。

以下にも、各協会が自己の協会加入のメリットを記載していますのでご参照下さい。
全国宅地建物取引業保証協会(ハトマーク)入会のメリット
全日本不動産協会(ウサギマーク)入会のメリット

宅建業免許申請代行サービス関連ページ

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:通常受付
月~土 9:00~20:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@takken-shien.com

宅建業免許×大阪申請ナビについて

ページのトップへ戻る