宅建業免許×大阪申請ナビのご案内

宅建業免許×大阪申請ナビHOME » 宅建業免許取得後の手続き

宅建業免許取得後の手続きについて

宅建業免許取得後の手続き

宅建業免許を受けた後、宅建業の営業を開始するまでの手続きを以下、解説します。宅建業の新規免許を取得した後に行う手続きは3点あります。

  1. 営業保証金の供託、或いは保証協会への加入
    宅建業免許通知後、3ヶ月以内に法務局へ営業保証金の供託をするか、宅地建物取引業保証協会等に加入して弁済業務保証金分担金を納めるかを選択します。
    • 法務局への営業保証金の供託
      法務局へ営業保証金の供託をする場合は、本店で1,000万円、支店1店舗ごとに500万円です。
    • 保証協会への加入
      社団法人全国宅地建物取引業保証協会と社団法人不動産保証協会のいずれかに加入することで営業保証金の供託は免除となります。営業保証金の供託の代わりに保証協会に弁済業務保証金分担金、入会金などを払います。弁済業務保証金分担金は、本店で60万円、支店1店舗ごとに30万円です。
  2. 専任の宅建業取引主任者の勤務先の変更届
    宅建業免許通知後、専任の宅地建物取引主任者の勤務先(業者名)と免許証番号を、資格登録をされている都道府県に届け出る必要があります。
  3. 標識の掲示などの義務
    1. 標識の掲示の義務(業者票・報酬額票の掲示義務)
    2. 従業者の証明の義務(従業者・宅地建物取引主任者の証明書の携帯義務)
    3. 帳簿の備え付け義務(業務帳簿の作成・保存義務)

宅建業免許取得後の手続き関連ページ

つた行政書士法務事務所
大阪市大正区南恩加島6-8-8
営業時間:通常受付
月~土 9:00~20:00
24時間受付
TEL080-3823-4618
FAX06-6552-9777
info@takken-shien.com

宅建業免許×大阪申請ナビについて

ページのトップへ戻る